作業の流れ

作業の流れ

  1. 工程1.打ち合わせ

    デザイン イメージ
    お客様のご要望に満足していただけるよう提案し、仕様内容・値段・納期を相談します。
  2. 工程2.データ作成・デザインの確立

    版出 イメージ
    原稿・図面に基づいて、制作データを作成します。(データ支給も可)
    予算の範囲でできる様々な種類のデザインを提案させていただきます。
  3. 工程3.版下フィルム作成

    写真 イメージ
    制作データを使いインクジェットで透明フィルムに製版を作成します。
  4. 工程4.材料準備

    現像 イメージ
    原稿を確認し、加工しやすい大きさにカットします。(材支給も可)
  5. 工程5.油取り

    修正 イメージ
    金属の油分を溶剤にて落とし、塗料や感光液がより密着させる為に油取りをします。
  6. 工程6.感光液を塗装

    エッチング イメージ
    油取りした材料を、スプレーガンを用いて感光液を丁寧に吹き付けていきます。
  7. 工程7.写真

    マスキング イメージ
    感光液付材料を、版下フィルムをあわせて、真空ポンプで密着させ、紫外線で焼き付けます。
  8. 工程8.現像

    塗装 イメージ
    写真済み材料を、現像液で、紫外線の当たっていないところを溶かして、彫る所を出します。
  9. 工程9.修正

    仕上げ イメージ
    彫らない所は完全防水するため、目で見て修正液で保護し、確認をします。
  10. 工程10.エッチング加工

    切断 イメージ
    液体で、金属を溶かすので、時間と温度とで調整しながら彫ります。
  11. 工程11.感光液剥離

    感光液剥離 イメージ
    加工が終わったら感光液や防水加工を丁寧に取り除きます。
  12. 工程12.マスキング

    マスキング イメージ
    彫りこんだ所に色を入れるとき、仕上げがしやすいよう最低限にマスキングテープで露出します。
  13. 工程13.色入れ塗装

    色入れ塗装 イメージ
    スプレーガンを使い、塗料を丁寧に吹き付けていきます。
  14. 工程14.(1)ハガシ仕上げ

    ハガシ仕上げ イメージ
    彫りこんだ部分に塗料が残るように、表面に工具を用いて慎重に削ります。
  15. 工程14.(2)ふき取り仕上げ

    ふき取り仕上げ イメージ
    ハガシ仕上げができない品物を、溶剤を使いウエスで、色をふき取ります。
  16. 工程15.(1)表面HL研磨

    表面HL研磨 イメージ
    塗料の薄膜、キズがあるため表面を、耐水ハンドペーパーで綺麗に研磨します。
  17. 工程15.(2)表面ミガキ研磨

    表面ミガキ研磨 イメージ
    鏡面使用の場合、バフ研磨機にて、綺麗に磨きます。
  18. 工程16.(1)切断

    切断 イメージ
    シャーリングマシーンにて、ご希望の寸法になるように、カットします。
  19. 工程16.(2)切断

    切断 イメージ
    コンタマシーンにて、丸型や、特殊な形に切ります。
  20. 工程17.側面仕上げ

    側面仕上げ イメージ
    切断した品物の寸法を微調節して、側面をなめらかに仕上げます。
  21. 工程18.検品・確認

    検品・確認 イメージ
    仕上げた品物をサイズ・厚み・色・キズなどを検査し、原稿と照らし合わせ最終確認します。
  22. 工程19.梱包・出荷

    検査・梱包 イメージ
    付属品の有・無を確認して、品物に傷がつかないよう梱包し、まごころを込めてお客様の所へ届けます。
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 光陽銘板 Blog
  • お気軽にお問い合わせください!06-4303-7713 メールでのお問い合わせはこちら